過払い金だけでなく債務整理の改善方法を無料診断

借金がどれくらい減額されるのか無料診断する

なぜハマる?ギャンブル依存症になる原因

ギャンブル依存症の原因は、人の不安な感情が高まるのを抑える特殊なタンパク質の「ノルアドレナリントランスポーター」という物質の影響と言われています。

 

ギャンブル依存症の人は、抑圧された感情をうまく吐き出せず、ギャンブルで発散しているケースが多いです。

 

摂食障害やアルコール依存症などは広く知られており、周囲も気づきやすいようですが、ギャンブル依存症はまだよく知られていないため、病気であることが認識されず症状が進行しているのがみてわかりません。

 

ギャンブル依存症になる原因1 ノルアドレナリントランスポーター

ヒトの脳の中には、不安な感情が高まるのを抑える特殊なタンパク質の「ノルアドレナリントランスポーター」というものがあります。

 

このタンパク質「ノルアドレナリントランスポーター」の量が多い人ほど不安を抑え込み、ギャンブルにはまり込みやすいという研究が、京都大学大学院医学研究科、精神医学教室の高橋英彦准教授などのグループが行いました。

 

 

不安が多いストレス社会では、これらの脳内物質が作用して、ギャンブルへと向かわせるということにつながります。

 

ギャンブル依存症になる原因2 ベータエンドルフィン

東京理科大学諏訪短期大学の篠原教授らは、安静時、パチンコをしているとき、大当たりしているときの血液中の快感物質を測定しました。

 

その結果、パチンコをしている最中にはベータエンドルフィンといういわゆる脳内麻薬の血中濃度が高いという研究結果が得られました。

 

ベータエンドルフィンという物質はモルヒネに似た作用のある脳内物質です。

 

パチンコで大当たりしたときの、背筋を走り抜けるような快感をギャンブラーが体感する瞬間、このとき脳の中では何らかの脳内麻薬系物質が旧に分泌される、そういう仮説は考えられます。

 

ギャンブル依存症になる原因3 間欠強化

 

間欠強化とは、「ある行動を起こさせようと思えば、連続して報酬を与えるよりもランダムに与えるほうが行動を起こしやすくなる」という法則です。

 

人間の心理では、Aの行為では必ずBの報酬があると学習することの効果よりも、行為Aによって間欠的に報酬Bがあるほうが、行為Aやそのバリエーションへの執着が高まるということがあるのです。

 

なので、こうして
快⇒不快⇒不快⇒不快⇒快のサイクルや快⇒不快⇒快などのサイクルを経験するうちにギャンブラーたちはしばらく負けが続いているので、そろそろ勝つはずと考えたり大負けした翌日は、勝つことが多いと考え出します。

 

しかし、ギャンブルであるかぎり、勝ちパターンが確立されることはありえません。

 

パターンが確立することはギャンブル自体の本質を自己否定することになるのです。

 

ですから、もしもギャンブルという枠組みの中で独自の絶対的勝ちパターンを得ようとするなら無尽蔵の資金で止むことなく勝負を連続するしかないのです。

 

ギャンブル依存症になる原因4 消費者金融

ギャンブルがやめられなくなる大きな要因に、借金という問題があります。

 

依存症はコントロール喪失の状態です。

 

負けを認めず、もう一勝負できればすべて挽回できるはずと深追いするのが特長です。

 

普通サラリーマンの小遣いは4万円から5万円。

 

しかしギャンブルの現状はパチンコでさえも1日で5万円を勝ったり負けたりすることが珍しくないのです。

 

いきおい消費者金融を利用することになります。

 

ギャンブル依存症者の体験談では、彼らも最初は緊張して震えたそうです。

 

小さな声で10万円の借金を申し込むと

 

「20万円大丈夫ですよ」といわれ、30万申し込むと、あなたなら50万お貸し出来ますよと言われます。

 

「いらないと言わずどうぞ、使わなければ一度借りて、すぐにでも返納してくださって結構ですから」といいます。

 

何か、自分にはとても信用があるような気がして、預金でも下ろした感じになってしまいます。

 

しかし、これがギャンブル依存症者にとっては、多重債務の始まりとなるのです。

 

自体は悪化し、大手の名のしれた消費者金融会社からは借りられない状態になります。

 

そうなったらなったで、次のレベルの金融会社からダイレクトメールが送られてきます。

 

そこには、「銀行からお金を借りられなくなった人にも、当社は即金で貸します」などと書いてあります。

 

そこで借りてもやはりギャンブルでは返せません。

 

多重債務が続き、とうとう自己破産に陥ってしまいます。

 

ところがこれで終わりではないのです。

 

官報で発表された自己破産者のリストを見て、さらなるダイレクトメールを送りつける業者があります。

 

そこには次のように書いてあります。

 

「自己破産者にもお貸し出来るのは当社だけです」

 

もちろん、悪質な超高金利であり、「10万円までお貸し出来ますが、1週間後には5万円の利息を払ってもらいます」という調子です。

 

いわゆる闇金です。

 

 

こうなってしまうと、借金地獄から抜け出すことはほぼ不可能な状態になってしまうのです。

 

ギャンブル依存症患者と闇金問題