過払い金だけでなく債務整理の改善方法を無料診断

借金がどれくらい減額されるのか無料診断する

ギャンブル依存症の家族がすべきこと、すべきでないこと

家族の協力が不可欠

家族がこの病気の特徴を理解することが、回復の大きなカギになります。

 

家族が、最大の被害者から最大の協力者になってほしいと思います。

 

「すべきこと」と「してはならないこと」を家族が見分け、その意味も理解することが回復の重要なサポートになります。

 

 

当事者本人が、なかなか自主的に治療を受けたがらない場合は、まず家族だけで相談に行きましょう。

 

家族がこの病気を理解し当事者への対応が変わると、必ず事態の打開につながります。

 

  1. 意志や自覚の持ちようで治るという誤った考えを捨てる
  2. 基本的には対応策はない
  3. 借金の肩代わりをしない
  4. 尻拭いをしない
  5. お金の無心をされても貸さない
  6. ギャンブル依存についての本を読む
  7. 相談できる機関に連絡を取る
  8. 家族勉強会やギャマノンに出る

 

 

家族もこの病気の特徴を理解しなければ、病気の回復はできません。

 

家族がすべきこと、してはならないことを見分けられ、そうする意味も理解しなければなりません。

 

あわせてギャンブル依存症についての正しい知識をもつため、書籍などを通して理解を深めることが重要です。