過払い金だけでなく債務整理の改善方法を無料診断

借金がどれくらい減額されるのか無料診断する

ギャンブル依存症の治療法!具体的な治し方を紹介

ギャンブル依存症の治療方法は、ギャンブル依存症専門の外来病院やGA(ギャマノン)などの自助グループなど家族以外の第3者の力を借りて治す方法が有効的です。

 

また、治療と同時に行うのが財務整理です。

 

財務整理を行わないと、治療してもギャンブル依存症が再発してしまいます。

 

診断・治療

まずギャンブル依存症と診断がつくことです。

 

個人の意志や、人格の問題ではなく、れっきとした依存症という病気(脳の機能の疾患)であると認識することがまず不可欠です。

 

しかし、まだまだギャンブル依存症に関心を持って治療に当たる精神科医が極端に少ないのが現状です。

 

残念なことに、病気と診断されず、当然適切なアドバイスを受けることもできません。

 

そこで、県精神保健福祉センターなどでギャンブル依存の治療をしている医療機関を教えてもらわねばなりません。

 

ギャンブル依存症患者のための行政相談窓口

 

ギャンブル依存症に有効な薬物治療はまだありません。

 

唯一の治療は週1回以上の自助グループのミーティング(ギャンブル依存症当事者がギャンブルを止めるために集まって体験を話し、聞く会。

 

GA;ギャンブラーズ・アノニマスという名称)出席と月1回の通院です。

 

ギャンブル依存症患者のための支援団体

 

借金で身動きとれなくなり、社会生活が完全に破綻した場合が入院治療の適応になります。

 

人生の仕切り直し(棚卸しという)と自分の病気についての学習、自助グループへの参加の習慣付けに役立ちます。

 

ギャンブル依存症患者のための外来・病院施設

 

しっかりとした財務整理

治療中に徹底した財務整理をして、回復後の生活設計をがっちり固めておくことが重要です。

 

ギャンブル依存症患者のための財務整理のやり方